DVDブック 映像で見る子どもたちは未来 [別巻]
『乳幼児のための脳科学』

2010年11月刊行

今わかってきた、乳幼児の神経、学習・発達のみちすじ。
斎藤公子の保育を最新の脳科学で読み解く。

乳幼児のための脳科学 - DVDブック 映像で見る子どもたちは未来 [別巻]
  • 小泉英明[編著]
    多賀厳太郎・安藤寿康・安梅勅江[著]
  • 4,968 円(税込)
  • 2010年12月10日発売
  • ISBN:978-4-7803-0407-7
  • C0037
  • サイズ:菊判・上製
  • オールカラー・224頁
  • 発行:フリーダム
  • 発売:かもがわ出版

刊行にあたって(企画の動機と趣旨)

この企画は、斎藤公子・小泉英明監修;『DVDブック子どもたちは未来・乳幼児の可能性を拓く』(1期と2期で構成;映像5巻+Book2冊)の別巻として刊行するもので、以下、大きく2つの要素・媒体に分けて構成されてます。

Book(菊判・上製・カラー224頁)
2010年3月27日(土)に東京女子医科大学で、財団法人生存科学研究所主催で開かれた第2回応用脳科学シンポジウム「育児と保育の脳科学ー暗黙知から形式知への挑戦ー」の記録に、シンポジストである編著者それぞれが加筆・訂正して仕上げました。
映像作品(DVD60分)
シンポジウムの場面・状況を撮影した映像のエッセンスと、2010年9月27日(月)に「斎藤公子の保育実践と乳幼児のための脳科学」というテーマで小泉英明博士にインタビューした撮影記録に、その場面場面にふさわしい『子どもたちは未来』の映像を挿入して編集。…斎藤公子と沖縄6つの保育園の貴重な実践記録から、科学として何が読み取れるか。発達心理学・脳神経学・行動発達学・保育学・教育学などの広い視座からアプローチします。

Bookの著者と内容

小泉英明編

  • 小泉英明[編著]
  • Hideaki Koizumi)
  • (株)日立製作所役員待遇フエロー

斎藤公子先生の保育思想が目指したもの

  • ● 『DVDブック子どもたちは未来』と赤ちゃんに関する科学
  • ○ 乳児の神経接続
  • ● 母語を聞いた際の新生児脳活動
  • ○ 愛着の形成
  • ● 療育による「目交(まなかい)」の獲得
  • ○ 個体発生は系統発生を反復するという仮説
  • ● 足の親指の進化
  • ○ 発達における“這い這い”と親指の重要性
  • ● 能力一杯の学習が意欲を育む
  • ○ 脳科学と学習・教育


多賀厳太郎

  • 多賀厳太郎
  • Gentaro Taga
  • 東京大学大学院 教育学研究科教授

幼児の脳の発達から見た保育・教育の現状と将来

  • ● リズムとは?
  • ○ リズムと同期現象/引き込み現象
  • ● 脳と身体の動的相互作用
  • ○ リズムとゆらぎ/カオス
  • ● 時空間パターンの自己組織 
  • ○ 赤ちゃんの発達過程におけるリズムの役割 
  • ● 脳の初期発達
  • ○ 睡眠中の脳の自発活動
  • ● 生後2ヶ月から3ヶ月の機能的活動の分化
  • ○ 乳児の自発活動と学習
  • ● 音声のリズム/言語の知覚


安梅 勅江

  • 安藤 寿康
  • Juko Ando
  • 慶応義塾大学文学部教授

進化と遺伝から見た保育・教育の現状と将来

  • ● どの子も育つ、育て方ひとつ
  • ○ 遺伝要因の重要性
  • ● 進化から見た子ども/斎藤公子の実践
  • ○ 「遺伝子」(普遍性と個別性をつなぐもの/環境と相互作用するもの)
  • ● ふたごの類似性から遺伝と環境の影響を知る
  • ○ 遺伝=親から子への宿命?人間と人間以外の動物の適応
  • ● 「本物」にうめこまれた教育


安藤 寿康

  • 安梅 勅江
  • Tokie Anme
  • 筑波大学大学院 人間総合科学研究科教授

発達コホート研究から見た保育・教育の現状と将来

  • ● コホート研究の意義(時間・環境・行動・遺伝要因)
  • ○ 意思決定と報酬の神経ネットワーク
  • ● 「子どもの育ち」観察方法
  • ○ 社会的能力評価のためのかかわり評価
  • ● すこやかな成長を育む子育ち環境
  • ○ まなかいの影響
  • ● ほめの影響
  • ○ 生活リズム/かかわり/ささえ
  • ● 学童期の心身の健康への影響
  • ○ 実践知と科学知の関係

DVD(映像60分)の内容

監督/編集:穂盛 文子 監修:小泉 英明

脳科学者・小泉英明博士が、斎藤公子の保育思想、育児・保育・療育における「暗黙知から形式知への架橋」に挑戦、その本質に迫ります。

「応用脳科学シンポジウム」における、多賀厳太郎教授・安藤寿康教授・安梅勅江教授の基調講演と、『子どもたちは未来』のDVD1巻~5巻より、沖縄6つの保育園の子どもたちの姿を映し出しながらの、様々な分野にわたる小泉英明先生のお話を伺います。

  • ◎科学者であり、実践家であった斎藤公子
  • ◎リズムの本質と「斎藤公子のリズムあそび」
  • ◎絵は心のカルテ
  • ◎まなかいからハイハイへ、意欲を育む
  • ◎個体発生は系統発生を繰り返す?
  • ◎双生児研究が教えてくれる、遺伝と環境
  • ◎「本物」が与えてくれる情報は計り知れない
  • ◎褒めて育てることと思いやりを育むこと
  • ◎これからの子どもたちへ

推薦します

秋田喜代美

  • 秋田喜代美
  • 東京大学大学院 教育学研究科教授
  • 日本保育学会会長

子どもたちが豊かな環境と主体的な活動の機会を保障されることによって、自己の可能性を発揮し未来の社会を築く存在となっていけるのはなぜか。そのためには何が必要なのか。挑む子どもの美しさ、年下を愛でる子どもの柔らかさ、自然に向かう子どものたくましさ…。斎藤実践DVDは人が人として生きていくまっとうさと生命力にあふれている。

本書は、その斎藤先生の理論による保育実践の真髄を、保育哲学や保育方法の解説にとどめるのではなく、人の脳活動や運動におけるリズム、遺伝、環境という発達の根源のメカニズムにまで掘り下げて、最新の科学的根拠をもって読み解いた稀有な本である。

保育の科学、子育ての科学として、新たな視座を私たちに開いてくれる。すべての子どもの可能性を信じて保育にとりくむことのことわり(理)を示し、保育者がこれから向かうべきみち(倫)を、後ろからしっかり照らしてくれる。子どもを信じる保育への熱いエールの書である。脳のトレーニングの本ではなく、だれもが読みやすい、まっとうな脳科学の本である。

一人で、同僚と、保護者と共に読み語り合うことで、一人一人が発達の神秘にふれ、未来への元気と希望をもらうことができるだろう。保育と脳科学の見事なマリアージュに祝杯をあげたい。


城間清子

  • 城間清子
  • 沖縄こばと保育園前園長

この保育は、むずかしい保育ではない。特別な人にしかできない特別の保育でもない。基本となることをていねいにやれば、どの子も育っていく。

とくに、斎藤公子先生が大切にしていた目交(まなかい)、金魚運動、寝返り、ハイハイ。どんなに大変な生まれの子も、生後2ヶ月からのていねいな保育で、障害がとれていく過程を見てきた。これらの運動にふくまれる眼差しや、親指、しなやかな体の動きと脳との関係が科学的に解明されていけば、保育には新しい可能性が拓かれると信じている。


富岡美織

  • 富岡美織
  • 北の星東札幌保育園園長

斎藤公子先生の保育を学んでいると、「保育に科学を」というフレーズが浮かんでくる。もう骨身に染みている、という感じだ。脳科学で人間の心と身体が解明されてくるということが、保育をより真実につなげてくれる。そのことが、弱さをもって生まれた子どもたちを含めて、希望の光を当ててくれる。私たちの目指していることが真実であることは重要なことである。

私たちの「錦を織る」手仕事を、やがて科学が後押ししてくれる。その希望を信じて、願いでは終わらせない私たちの保育実践の営みは続いていく。両輪でありたい、保育と科学。

第3期発売しました。斎藤公子の著書プレゼント実施中!

ご注文はこちらから(送料無料)

▲ ページの先頭へ戻る